PRODUCT STORY

東北の復興を支える3つのコンパクトカーが
できるまでのプロダクトストーリー

C-HR

復興の星第3弾
世界戦略SUV C-HR

ヨーロッパで先行販売されたC-HR。2016年12月に満を持して日本でも販売を開始した。このクルマが生まれたのが、トヨタ自動車東日本の岩手工場。トヨタ自動車・海外事業体と連携し、最高品質の実現に向け、一丸となって尽力した。東北、岩手の復興にむけ、大きな後押しになったC-HRの誕生。「格好いいデザインと気持ちのいい走り」を磨き上げた“チームC-HR”の活躍を紹介する。

1
見えない部分の
ボデー剛性が
走りを支える。

  • 『C-HR』という名前には、2つの由来がある。1つが「Cross Hatch Run-about」。「ハッチバックのような気持ちの良い走り」という意味だ。その走行性能の向上に一役も二役も買っているのが、第1ボデー設計部のこだわりだ。コンパクトなボデーの限られたスペースに剛性部材を通し、欧州競合車を上回るボデー剛性を達成した。「『我が意の走り』を実現したいと努力しました。意のままに走る気持ちよさを体感してください」と同部の中野秀幸は誇らしげに話す。また同部の山内秀之は、走りとデザインを象徴する大型リヤスポイラーも工夫した。空力性能クラスとリヤウィンドウのデザインを実現するため、大型で風を通す形状にたどり着いた。

  • C-HR ボデー剛性

2
細部まで
徹底的に
恰好よく。

  • 名前の由来の2つ目は「Compact High Rider」の頭文字だ。「コンパクトでリフトアップされたプロポーション」という訳は、まさにC-HRのデザインを象徴している。洗練されたフォルムだけではない。細部まで、追求は止まらない。ドアハンドルはクーペのような外観を表現するためにリヤドアに溶け込ませている。立体感のあるヘッドランプは、トヨタ最大級の大きさ。内装も欧州車に負けないクオリティを目指した。メーターの意匠を担った材料・電子技術部の中島淳史は「ドライバーを虜にするメーターを目指しました。欧州テイストでクールな仕上がりになっています」と自信をにじませた。

  • C-HR プロポーション

3
チームの心が
お客さまに
伝わった瞬間。

  • チームC-HRの意気込みは、お客さまにも伝わった。先行試乗会では「サイドから見てもキマってる!」「“未来感”がある」とすこぶる好評。走りについても「コーナリングが楽しいクルマだ」「取り回しがとてもよく、大きさをあまり感じない。ハンドルも楽に回せる」と、開発者の狙い通りの言葉が多く聞かれた。 塗装・組立生技部の黄地勇介は「大規模な生産準備で苦労の連続でしたが、皆が一体となってつくり上げることができた。街なかで走るピカピカのC-HRを堪能してください!」と感慨深げに話した。東北の地から世界に負けないクルマを。
    チームの力が東北を、世界を変えていく。

  • C-HR 開発
集合写真
PAGE TOP