トヨタ自動車東日本株式会社

   What's New


 

 学園設立の背景、ねらい


  • トヨタ東日本学園は、トヨタグループの企業風土である「モノづくりは人づくり」という考え方に基づき2013年4月に設立しました。
  • 当学園では、生産技術や機械設備についての専門教育を行うために必要な実習設備を備えています。
  •  

     学園の概要


  • 「トヨタ東日本学園」は宮城県知事より認定職業訓練の認可を受けた「トヨタ自動車東日本株式会社」の企業内訓練校です。

  • 所在地 トヨタ自動車東日本 本社敷地内
    (〒981‐3609 宮城県黒川郡大衡村中央平1番地)
    地図はこちら    アクセス方法
    建 屋 鉄骨2階建て 延床面積:4,500㎡
    開 校 2013年4月1日
    定 員 20名
    訓練科 製造設備科
    設 備 教室(3室)、実習室(10室)、多目的室(1室)、研修室(2室)、講堂
     

     育成する人物像


    モノづくり現場の中核人材を育成します
  •  ◆高度な知識・技能を持ち、モノづくりで活躍できる人を育成します。
  •  ◆環境変化に柔軟に対応し、現場マネジメントができる人を育成します。
  •  ◆他の模範となる人格を持って、社会/会社から信頼される人を育成します。


  •  

     教育内容


  • スケジュール
  •   技能:6割  心身:3割  知識:1割
  • 詳細はこちら
  •  
  •  
  • 技能教育(実習)
  •   ◆ 基礎実習:電子回路の基礎からPLC制御の応用にわたるエレクトロニクスや
  •          シーケンス、機械構造、油空圧のメカトロニクスに関する幅広い分野を学習します。
  •   ◆ 応用実習:配属予定職場での勤務を体験し卒業後の仕事の概要を理解します。
  •   ◆ 卒業研究:指定されたテーマに基づいて、課題の設計・製作・発表を行います。

  •  
  • 【団体規律訓練】
  • 心身教育
  •   ◆ 日常活動:団体規律訓練、朝昼礼、走りこみ、クラブ活動
  •   ◆ 年間行事:20キロマラソン大会、駅伝大会、ボランティア活動、七ツ森登山、
  •          全豊田訓練生大会、海外体験研修、トヨタ歴史文化施設見学

  •  
  • 学科教育(知識)
  •   ◆ 電気・機械の基礎を重視した専門科目を実施します。
  •   ◆ 卒業後、社員として必要な品質管理、改善などの科目を実施します。  
  •   ◆ 良きトヨタマンとなるべくトヨタの歴史教育を実施します。
  •  
  • 東北のモノづくりに学ぶ (東北のモノづくりから先人の知恵と精神を学びます)
  •   ◆ 栗原市の織物工場「千葉孝機業場」で学習を実施します。
  •   ◆ 東北のモノづくり、伝統工芸などの研修をします。
  • 卒業後(配属先)
  •   ◆ 生産系   :車両・ユニット工場の生産職場
  •   ◆ 保全系   :工場設備のメンテナンス

  •  

     学園生活


  •  タイムスケジュール


  •  寮生活
  •    ◆ 全寮制 (寮生活も訓練の場)
  •       1人1部屋(全室6畳の個室)
  •           ・バス、トイレ、洗面台付き
  •           ・机、クローゼット
  •           ・会社から約5km バス通勤
  •               ※安全に生活するための規則あり
  •  

     地域企業向け教育コース


  •  トヨタ自動車東日本の社員だけでなく、地域も含めたモノづくり人材の育成をはかります。
  • コース期間主な内容
    長期1年トヨタ東日本の訓練生と一緒に1年間訓練します
    中期2ヶ月保全技術者として必要な技能(電気・機械)を幅広く、体系的に学びます
    短期1週間保全技術者に必要な技能を個々のレベルに応じて選択し学びます
    (溶接、機械構造、PLC、etc・・)
     
    ↑ このページのTOPへ