トヨタ自動車東日本株式会社


環境・CSR

産学官連携への取り組み

line

共同研究の取り組み

当社は(国・地方公共団体の)行政機関や研究機関、教育機関、企業と連携し、当社の開発~生産現場における様々な領域の抱えるニーズ(課題や要望)と大学や企業の持つ知見や技術のシーズを融合し、共同研究開発を行っています。 車両開発における新しい技術の開発や、ものづくりの現場でのカイゼン効果にとどまらず、専門的、最先端の技術に触れ、新たな取り組みにチャレンジすることは、当社従業員の人材育成にもつながっています。

borderline

主な共同研究テーマ例

ものづくり技術

車両の生産に関わる共同研究・開発

ものづくり技術
  • 生産現場での物流支援(事例紹介)
  • 作業者の教育支援
  • 車両の品質確認
  • 生産設備補修の迅速な対応方法

車両開発技術

製品化につながる共同研究・開発

車両開発技術
  • 車両の軽量化
  • クルマの燃費向上
  • 新たな機能、新たな意を持つ部品や材料
<事例紹介>

東北大学を中心とした次世代自動車産業創出の取り組みに参画し
IT融合EV物流システムと運行システムの工場内における実証を経て、実用化した事例です。

共同研究先:東北大学
  • 自律制御:大学院情報科学研究科 田所諭教授、未来科学技術共同研究センター 大野和則准教授
  • リチウムイオン電池:未来科学技術共同研究センター 長谷川史彦センター長、同 松木英敏教授、同 白方雅人特任教授

共同研究テーマ:屋外無人搬送車の開発

1.現場の声(困りごと)

  • 「屋内物流に比べ、屋外物流の自動化が進んでいない(当社では保有技術無し)」
  • 「屋外軌線の埋設には費用が掛かり、コース変更も大変!」
  • 「納入された部品の置き場所が狭いため、小回りが利く機構でないと旋回できない」
  • 「重い電池の交換をやめられないか」

2.産学連携による共同研究開発

東北大学×トヨタ自動車東日本株式会社

自動走行の自律制御技術
リチウムイオン電池の開発・製造技術

車両(操舵機構レス6輪駆動,車輪)技術
充電や電池保護回路などの運用技術

3.実用化

原価の低減だけでなく、暑い日、寒い日など運搬する人の作業環境改善にもつながっています

屋外無人搬送車(初代)
2015年~
屋外無人搬送車(初代)
屋外を軌道レスで走行できる東北大学の
自律制御技術と当社の車両製造技術により開発
 
屋外無人搬送車(2代目)
2017年~
屋外無人搬送車(2代目)
2代目は初代の技術を基に全て内製で開発。
更に、東北大学のリチウムイオン電池を利用した
自動充電システムを開発

共同研究講座の開設

当社は、2012年より震災復興へ向けた国のプロジェクト「東北発 素材技術先導プロジェクト」に参画し、プロジェクトの研究領域の1つである超低摩擦技術研究に東北大学と共に携わってまいり、2019年4月国立大学法人東北大学大学院工学研究科と共同研究講座「先端自動車トライボロジー材料研究(トヨタ自動車東日本)」を開設致しました。(※)

本講座は、材料研究に強みを有する東北大学と地場の企業との協力により、地域に根差した研究を行います。地球環境への負荷を抑えながらより自由なモビリティをお客様へ提供するため、従来のエンジン車や電動車のエネルギーの効率向上を目的に、エネルギー効率に影響する摩擦の発生メカニズムについて研究を行います。これにより持続的、安定的な摩擦低減に大きく貢献する材料開発の方向性を示し、持続可能なクルマ社会の実現に貢献する事を目指します。

  • 開設期間:3年間 (2019年4月 ~ 2022年3月)

(※)トライボロジー:機械のエネルギー効率,信頼性,耐久性などに直結する機械の動く部分で発生する摩擦や摩耗などの現象を対象とする「表面と接触面における科学技術」

↑ このページのTOPへ

HOME >  環境・CSR > 産学官連携の取り組み