interview

玉木 秀斗

未来の日本・世界をイメージして
新しいクルマを創造する。
挑戦的な社風に魅力を感じます。

  • Q1.これまでの担当業務と
    現在の仕事内容を教えてください。
    入社した直後は、材料技術室で塗料の水性化や設備の改良などVOC低減を目指す研究開発に携わりました。その後トヨタのコーポレート戦略部に出向し、商品企画を3年間みっちりと勉強しました。全てのことが新しい上に難しく、たくさんの知識と経験を与えてもらいました。現在は製品企画室という立場で、新モデルのコンセプト検討を担当しています。数年後の日本や世界がどうなっているか、価値観や科学技術など多角的な観点から検証し、新しいクルマのイメージを練り上げています。
  • これまでの担当業務と現在の仕事内容
  • 入社の動機
  • Q2.入社の動機について教えてください。
    小学校の社会科見学で東富士工場へ行きました。プレス工場の迫力はとても衝撃的で今でも鮮明に覚えています。記念品としてもらったマークⅡの下敷きも大切に取ってあります。それを機に街行くクルマを目で追うようになり、どんどんクルマが好きになりました。「いつかは自分もこんなかっこいいクルマをつくりたい」と思うようになり、ごく自然な流れで、人生一番の衝撃を与えてくれたTMEJへの入社を決めました。
  • Q3.仕事にやりがいを感じる時は、
    どんなときですか?
    自分が考えに考え抜いた企画が上司や関係部署に認められ、大きな仕事を任せてもらえるようになったときです。「この人の言うことなら信頼できる」「この人なら大丈夫」と思ってもらえる仕事を続ければ、いつか必ずその領域の第一人者になれる。そうすれば、さらに大きな仕事を任せてもらえる。その連続が自信になり、やりがいにつながっています。
  • Q4.仕事で印象に残っている
    出来事は何ですか?
    トヨタへの出向時、次期グローバルカローラのコンセプト企画を担当していた時のこと。世界各地で重要なモデルであるカローラは、地域担当の熱い想いに比例して、要望も多岐にわたっていました。各国万別の嗜好がある中で、問い続けたことはただひとつ。「お客様にとって最も重要なことは?」。それを柱に、市場調査と地域担当との調整を愚直に繰り返し、みんなが納得できるコンセプトまで練り上げました。その経験は、自分の成長を強く感じた印象深い出来事です。
未来のコンパクトカーを作ることはどんなことだと思いますか?
  • 1日のスケジュール
  • 1日のスケジュール
  • 休日の過ごし方
    休日の過ごし方

    愛知県にいる妻と会う希少な機会なので、いろいろなところへ出かけています。二人とも多趣味で好奇心旺盛なので、興味が湧けば、どこへでもクルマで出かけます。次はしまなみ海道でのサイクリング旅行を計画中です。

  • 学生時代は
    学生時代は

    友人と遊ぶかバイトをするかの毎日。その経験が、社交性や対話能力につながり、打ち合わせのハンドリングやプレゼンの力になっています。

MESSAGE

その他のインタビューを見る

PAGE TOP