interview

上野 美夏

一本の線に数時間かかることも。
困難を乗り越えるからこそ、
完成したときの感動は格別。

  • Q1.これまでの担当業務と
    現在の仕事内容を教えてください。
    入社してすぐに携わったのは、JPN TAXIの内装デザイン。その後は外形デザインへ移り、ヘッドランプやリアコンビランプのデザインを担当しました。自分のアイデアが採用され、製品化に繋がることの喜びを知ったのは、この時です。現在は海外向け車種の外形デザイン業務に携わっています。先輩方に日々鍛えられ、学ぶことがたくさんあるので、とても充実した毎日です。夢はもちろん、オリジナルのアイデアを出すこと。さらに、プレミアムオイル「スーパー潤滑油」のような存在になりたい。チームにそんな存在が一人いるだけで、楽しくクルマづくりができるはず。
  • これまでの担当業務と現在の仕事内容
  • 入社の動機
  • Q2.入社の動機について教えてください。
    学生の頃からバイクが好きだったので、漠然と工業デザインに関わりたいと考えていましたが、それが具体的になったのは大学生の頃です。カーデザインを学び、初めてその面白さに惹かれました。そして、就職活動中に流れていたアクアのCMを目にした時、自分が感じていたトヨタ車のイメージと違って映ったことが大きなきっかけになりました。純粋に「このクルマに乗りたいな」と感じ、入社を決意しました。
  • Q3.仕事にやりがいを感じる時は、
    どんなときですか?
    自分がデザインしたものを実際に自分の手でつくり上げていき、それが徐々に形になっていく過程を経験したとき、大きなやりがいと感動が生まれました。実際に製品になってお客さまのもとへ届くことを考えると、とても嬉しく、モチベーションに繋がります。仕事で落ち込むことがあっても、製品になった時の喜びをイメージすると、気持ちがぐっと上がります。また、実際にできあがってきたクルマを見て「上野がやったの、かっこいいね」と言われた時は「自分が引いた線は間違ってなかった!」と感動しました。
  • Q4.仕事で印象に残っている
    出来事は何ですか?
    プロジェクトが終盤を迎えると、それぞれのメンバーが担当したパーツが集結し、全てが組み合わさって一台のクルマが生まれる。その瞬間に、とても感動します。メンバーでイメージしていた物が形になり、タイヤの上に乗る姿を見ると、お客さまが笑顔で乗って頂けるイメージが膨らみ、このクルマが走りだすんだ!とワクワクします。
未来のコンパクトカーを作ることはどんなことだと思いますか?
  • 1日のスケジュール
  • 1日のスケジュール
  • 休日の過ごし方
    休日の過ごし方

    季節ごとに友人とフェスや旅行に出かけたりします。会社周辺は観光エリアに囲まれているので、週末はふらりと箱根や富士山周辺を日帰りで満喫できるのが魅力です。

  • 学生時代は
    学生時代は

    365日バイクに乗っていました。アルバイトもバイク用品店で、週末もツーリングやサーキット場へ。

MESSAGE

その他のインタビューを見る

PAGE TOP