interview

佐藤 良輔

トヨタ車に憧れて入社。
担当したクルマを街で見るたびに
小さくガッツポーズ。

  • Q1.これまでの担当業務と
    現在の仕事内容を教えてください。
    私の部署では、新型車生産に向けた、樹脂やボデー塗装の車両構造の検討に携わっています。具体的には、デザイン、設計から提示された意匠や設計をどうしたら実現できるかを検討しています。また、実際に生産している工場に行き、安全で、作業しやすい構造になっているか自分の目で確認します。新型車の構造を検討する際は、他部署との調整も重要です。直接担当している塗装だけではなく、各工程が品質良くコストを安くするために、部署一丸となって日々取り組んでいます。
  • これまでの担当業務と現在の仕事内容
  • 入社の動機
  • Q2.入社の動機について教えてください。
    中学時代にあるクルマを見たのがきっかけです。格納式のヘッドライト、2ドアタイプ、低い車高という特徴的なクルマだったのを今でも覚えています。その後、大学生となり就職活動を始めたとき「そういえば、当時見たあのクルマの名前は何だろう」と調べてみたところ、TMEJで生産していたMR2だったということが分かりました。自分もこんな魅力的なクルマづくりをしたいという気持ちになり、入社を志望しました。
  • Q3.仕事にやりがいを感じる時は、
    どんなときですか?
    新型車開発の初期検討を担当しているので、開発や生産準備の担当者、工場の方々などたくさんの人達と関わります。全員が妥協せずに、お客様に喜んでもらえるよう本気で取り組んでいる姿を見ているので、担当したクルマが街中を走っている姿や、CMを見るたびに、うれしくなります。「この仕事をやっていて良かった」と感じ、心の中で小さくガッツポーズしています。
  • Q4.仕事で印象に残っている
    出来事は何ですか?
    ある開発車の担当をしていたとき、生産準備担当の方や、実際に生産する工場の方から「ありがとう!」と言われたことです。初めての業務もあり、現場の方々と直接話をする機会を多く設けていました。現場に行くたび、ものづくりに対して真剣な気持ちを感じ、多くのことを学びました。その想いを図面に織り込みたいと、自分も一所懸命努力したので、「ありがとう」の一言が非常にうれしかったことを覚えています。
未来のコンパクトカーを作ることはどんなことだと思いますか?
  • 1日のスケジュール
  • 1日のスケジュール
  • 休日の過ごし方
    休日の過ごし方

    午前中は、近くの海で1時間ほどジョギングし、その後ジムで運動している事が多いです。午後には、買い物に行ったりドライブしたり、休日を楽しんでいます。

  • 学生時代は
    学生時代は

    研究の合間に体を動かしリフレッシュ。
    昔から運動が大好きでした。

MESSAGE

その他のインタビューを見る

PAGE TOP